中岳*2018.01.13

2018.01.13 21:00|大分県
中岳 1,791m


牧ノ戸(2時間21分)→池の小屋(15分)→中岳(19分)→池の小屋(2時間29分)→牧ノ戸


行動時間計 5時間24分



木曜日に予定されていた会社の健康診断は、雪の影響で延期になった。体重を落とす為にも朝駆けしないとと、妙な理由をつけて九重に決まる。準備は木曜日に済ませ、金曜日は早めに寝て、深夜に大きな道を選んで下道で牧ノ戸峠へ。心配していた九酔渓のヘアピンカーブも、とりあえず問題なく通過できた。仮眠するような時間はなくて、着いてすぐ準備をする。



皆さまに新年の挨拶をする、これで本日の目的はほぼ達成したようなものだ。大空さんのハッチバックの荷台部分に腰かけてチェーンスパイクを履く。立ち上がると同時に、頭をゴンとぶつける。「大丈夫か!?車。」と皆が大空さんの車を心配する。定番の流れをこなしてから、牧ノ戸を出発。



コンクリート道を大暇おやぶんとあれこれ話しながら歩く。大空さんは先行逃げ切り型、ボッチさん仙人さんとしんがりキープ。ブロッコリーの丘で合流して、池の小屋までは休憩せずに進んだ。



トレースはなくなり、おやぶんが苦労しながら作るトレースを追いかけるが、顔に当たる風が痛くて途中からはもうひどく辛くなる。牧ノ戸もマイナス12度くらいだったらしく、風も強い予報なのは分かっていたが、記憶する限り一番の寒さ(痛さ)だった。完全凍結した御池渡りが出来た喜びを味わう余裕もなく、池の小屋に着いた。



辺りは真っ白で風の音だけが響く。それでもボッチさんは、後から来た櫻木さんと中岳の山頂へと向かった。それを言葉もなく見送る、あの情熱はいったい何処から来るんだろう。



眠たいのに、足の指が寒さを通り越した痛みで眠れず、結局起きて立っているのが最良なのかと気付き、おやぶんと大空さんと何となしに話す。待機は2時間を過ぎて、とっくに日の出の時間も過ぎて、そのまま下山する訳にも行かず、おやぶんの行きますかとの声で小屋を出る。強風によろけながら中岳山頂に着くと、頬が真っ赤になったボッチさんが迎えてくれた。



それでもガスが晴れる気配は全くなかったので、風のない窪地を探して寝転がってひと眠り。結局ぐっすりと熟睡してしまったようで、ぼんやりと夢も見ていた。遠くから「降りるよ」と声が聞こえて、目を開けると辺りは真っ白で、自分がどこにいるのか、皆がどこにいるのか、一瞬分からなかった。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

黒金山・三市町山・牛頸山*2018.01.07

2018.01.07 21:00|福岡県
黒金山 405m
三市町山 440m
牛頸山 447.9m


水辺公園(1時間8分)→黒金山(23分)→三市町山(26分)→牛頸山(58分)→水辺公園


行動時間計2時間55分



元旦に痛めた右肩が思わしくないので、近場で軽めの山にすることに。金曜日に会社の登山部メンバーに声をかけると、参加しますと返事が返ってくる。Kさんから「作りたいものがあるので、ガスと鍋を持ってきてください」とお願いされる。ボルダリングメインのKさんとは山をご一緒したことはない、唯一の女性メンバーなので楽しみに土曜日を迎える。



後輩君と会社駐車場で合流して、登山口で部長とKさんと合流。部長と後輩君とは11月の坊がつる以来になる。みんな久しぶりの山とのことで、Kさんを先頭にして行くことに。すかっとは晴れていないが、冷たい風が歩く体には心地よい。




続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

伯耆大山*2017.01.01

2018.01.01 21:00|鳥取県
弥山 1710.6m


宿04:15(1時間27分)→六合目避難小屋5:57-6:06(55分)→頂上小屋07:01-07:55→弥山07:55-08:02→頂上小屋08:03 - 08:57(30分)→六合目避難小屋09:27-09:35(1時間37分)行者谷経由→宿11:12


上り 2時間22分
下り 2時間7分
行動時間計 4時間29分



「大山ゲストハウス寿庵」にチェックインした時点では、予報が悪いので登るつもりはなく、スノーシューハイクか初心者ゲレンデでも行こうかと思っていた。ところが矢田さんと話していると、常連さん達は登るとのこと。そう聞くとつい、温泉に行くついでに車に戻り、12爪アイゼンとピッケルを持ってきてしまう。3時過ぎの目覚ましで起きて、階下に降りると既に広島のジャック・スパロウことTさんが準備を終わらせていた。お湯を沸かしていると、兵庫のサラブレッドことHさんも降りてきた。



ついていけるか自信がなくて、先に行って下さいと言ったものの、お優しいお二人と一緒に寿庵を出る。歩き初めからアイゼンを履いていて、まだ暗い参道に雪を踏む音とアイゼンがコンクリートに当たる音が響き渡る。空を見上げると星が瞬いていて、曇と雪の予報は外れたのかと嬉しく歩く。南光河原駐車場の奥から夏道登山道に合流、Hさんが代表して登山届を書いてくださる。



前を行くHさんは細かく足を止めてくださり、距離が開かないように見守りして頂く。5合目の山の神様では風が強くなるかとフリースを着足すが、それも6合目ではまた脱いでしまう。ウェア調整は、汗かきにはいつも難しい。



Tさんが山の神様の雪を払ってくれたおかげか、思ったほど風は強くなかった。それでもルートはガスに覆われてしまったので、ただひたすら離れないよう歩く。山頂小屋に直行して、ウェア調整をする。



Hさんからホット練乳ココアを頂く、意外にも美味しい組み合わせに温まる。あんパンを少し食べて山頂へ向かってみると、小屋にいた常連さん達の三脚だけが、白い世界の中に浮かんでいた。




続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

2018年山行記録

2018.01.01 00:00|山行記録一覧
2018.01.01 伯耆大山(朝駆) 鳥取県 曇
2018.01.07 黒金山・三市町山・牛頸山 福岡県 曇
2018.01.13 中岳(朝駆) 大分県 曇
2018.01.14 三俣山 大分県 曇
2018.01.20 恐羅漢山 広島県 晴
2018.01.27 由布岳 大分県 晴
2018.02.03 釈迦岳 福岡県 晴



テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

大山寺*2017.12.31

2017.12.31 21:00|鳥取県
奈良県葛城市の道の駅ふたかみパーク當間で目覚めると、外は雨。公園で遊ぼうと姉と話していたが、遊具が濡れていては遊べないとのことで、近くの大型モールで待ち合わせ。ひとしきりゲームセンターで遊んで、誰も特に何も収穫はなかったが、フードコートでお昼ご飯を一緒に食べる。



父と母から預かっていたお年玉を渡して、私もお年玉を渡して、お礼動画なんか撮ったりして過ごす。笑顔の子供ちゃん達が見えなくなるまで手を振って駐車場で別れてから、高速で兵庫県まで移動。鳥取自動車道の標識を見て、佐用ジャンクションから山陰へと抜ける。



鳥取市の「道の駅神話の里白うさぎ」に立ち寄り、しばし休憩。




続きを読む >>

テーマ:今日の出来事
ジャンル:趣味・実用

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム