FC2ブログ

釈迦岳*2018.02.03

2018.02.03 21:00|福岡県
普賢岳(釈迦岳東峰) 1231m
釈迦岳(本釈迦) 1229.5m


林道駐車(9分)→矢部越登山口(52分)→普賢岳(14分)→釈迦岳(26分)→矢部越登山口(6分)→林道駐車


行動時間計 1時間47分



中国地方は天気を見て諦めてしょんぼり、月末は仕事が忙しくてもうぐったり。早く起きれなそうだから、手近で静かな雪山はないかなと思い、久しぶりに一人で釈迦岳へ。



前回は雪で登山口にたどり着くまでが大変だった思い出しかない。雪道運転に慣れている方が出してくれたノーマル車では、「椿ヶ鼻ハイランドパーク」改め、「スノーピーク奥日田」までしか行けなかった。というより、ノーマルでよく行ったと今でも思う。



スタッドレスだが二駆の美花さん(みはな、車の名前です)が、どこまで行けるかな。スノーピーク奥日田の手前から、道路は雪道に。「滑ってます」というお知らせランプもあまりつかない。順調に行ったかと思ったら、轍が一台分しか見当たらなくなった所で止まった。バックと前進を上手く使い、何度か前進を試みるが止まる。仕方ないとバックで少々の距離を戻る、心臓は軽く鼓動を早める。



座標33.1813674、130.8894667(Google map)、ここにぽつんと車を停める。スタックしたのはここから南へ向かった道、バックで正解だった。非金属チェーン、スコップ、スタック脱出プレートは積んでいるが、本当は金属チェーンを積みたい。何なら四駆に買い替えたい。ここから登山口までは西に林道を歩く、積雪は20センチ、轍は数日前のもの。






9分歩いて矢部越登山口に着く。前回、登山口には四駆のスタッドレス一台だけだった。今日は一台もいないし、登山道にトレースもない。静かな雪山を希望したが、誰一人いないとなると、それはまた話が違う訳で。





先行者はいないが、動物達のトレースがたくさん。ちょうど「山と食欲と私」の最新話が、アニマルトラッキングだったので嬉しく辿る。前足を横並びに着いて、後ろ足が中央後ろに2つ、ウサギで良いのかな。ウサギにしては、大きい気もするんだけれど。





木段も所々ようやく見える位の積雪具合、くるぶしまでは簡単に埋る。新雪なので冬靴にダブルストックで、アイゼンは最後まで使わなかった。





霧氷も見えるようになり、空は読み通りの青空になってきた。向かう釈迦岳は、遠いように思えて近い。





振り返る景色、連なる山並みが美しい。





釈迦岳から御前岳へと続く稜線、霧氷がここからもはっきりと見える。





釈迦岳の山頂へ向かう前に、分岐から右に折れて普賢岳(釈迦岳東峰)のピークへ。雪が脛のあたりまであり、肩には払う木々の雪を被りながら進む。





普賢岳ピークの展望台は、雪とつららで覆われていた。





国土交通省の雨量観測レーダー。山頂に人工建造物は興ざめとも言うが、日頃お世話になっていることを思うと感謝だけ。





手前の緩めなとんがり釈迦岳へ、右奥のとんがりが御前岳。





本当にすぐに山頂へ到着、もちろん貸し切り。お釈迦様に手を合わせて、伝えることはひとつだけ。





御前岳へ縦走も考えていたが、歩いたことのないルート、山頂直下の岩場の不安、トレースなし、を鑑みて断念。ここでひとり落ちたら困る、と今日は思った。少しだけ、降りてもみた。少しだけ、を二回繰り返した。





怖かったと山頂に戻ると、お釈迦様が微笑んでいて心底ほっとする。





大人しく来た道を帰る。陽が射してきて、霧氷もぽたぽたと落ちてくる。





落ち着ける場所まで来て、雪の積もった切り株に座っておやつ。魔法瓶の緑茶を飲むと、猫舌にはまだ熱かった。





誰もいない登山口に降り、美花まで林道を歩く。エンジンブレーキを多用しながら、雪道をゆっくりと下る。



時間も早いので「木の花ガルテン」に立ち寄り、直売所であれこれ買う。きのこ料理が美味しかったと聞いたことを思い出して、喫茶の建物へ。きのことチーズのピザを頼む。チーズがたっぷり載っていて美味しい、半分は持ち帰りにしてもらった。





いつも通るのに気付いていなかった「せんらく温泉」(550円)で立ち寄り湯。家族湯併設なので、露天は貸し切り状態でのんびり浸かれた。





実家に立ち寄ると、キトラが玄関までお出迎えしてくれた。お昼寝を挟みつつ、あれこれ食べて話して楽しかった。


テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

コメント

ちょっと、寂しかったね🎵 自分は、杣の里から 御前岳、釈迦の 周回 楽しみますね、今の時期は渡神岳も 雪が多くて楽しいよ~お疲れ様でした

Re:

的場さん、コメントありがとうございます(^^)
はい、ちょっとどころか、だいぶ、かなり寂しかったです。良い山なのに、勿体ない貸し切りでした。
杣の里から周回されるのですね、なかなか登れない御前岳に、いつか行ってみます!
渡神岳、初耳です。調べてみますね♪
非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム