FC2ブログ

英彦山*2017.11.03

2017.11.03 21:00|大分県
英彦山南岳 1,200m
英彦山中岳 1,188m


薬師峠(3時間13分)→籠水峠(2時間3分)→南岳(25分)→中岳(1時間53分)→別所駐車場


行動時間計 7時間34分



ようやく好天予報の週末三連休は、山の予定で埋まった。前日には、楽しく悲しい送別会をお酒控えめで終わらせる。車中泊準備をして、レーズンパンをかじりながら別所駐車場へ。



大暇おやぶん大空さん、久しぶりの赤デミオさんと裏英彦を歩くことに。いつも九重でしか会わないので妙な感じ、声を掛けて頂いた大暇おやぶんに感謝。



乗り合わせて豊前坊へ向かうと、護摩焚きがあるので先へ停めるように促され、薬師峠手前の駐車スペースへ移動。Ryoさんsanpoさんなおさんが、一足早く裏英彦へ向かうのを見送ってから、のんびりと裏英彦へ足を踏み入れると紅葉まっさかり。




赤デミオさんはとても久しぶりの英彦山、大空さんは初めてとのこと。英彦山のあれやこれやを、お薦めしたくて堪らない。裏英彦の紅葉に、写真家の皆さまはなかなか足が進まなかった。













おやぶんが、このペースじゃ日が暮れるとこぼすほどのんびりして籠水峠へ着いた。大岸壁、青空、雲、そして紅葉。





先に見えるとんがりピークも、可愛らしく紅葉。今日の天気は、ここ数週間の鬱憤を晴らすかのようだ。





人も少ないここで昼休憩になる。大暇おやぶんが京の和菓子を差し入れてくださる。中にはつぶあんがたっぷり詰まっていて、でも上品な甘さでさすが京都。ライ麦クルミパン、手淹れコーヒーと一緒に頂く。





初めましてのマスターさんが通りかかり、お昼をご一緒する。噂はかねがねお聞きしていたが、その期待を裏切らないような地下足袋姿。熊鈴をつけて歩き倒したという東北の遠征話はとても面白かった。





一旦鬼杉の方へ下り、材木石へ登り返す。そろそろ皆さん疲れて来たので、ゆっくりと時間をかけて進む。





紅葉が、綺麗。と撮影をしていたら、交換しようとしたレンズを谷底へ落としたおじさまに皆が固まる。赤デミオさんなんて、まるで自分が落としたみたいに顔が曇っていた。



ざわざわしているのに、大空さんが新品の携帯を取り出すから、はらはらが止まらない。それほどにこの斜面の紅葉は素敵だった。





猫の丸尾を眺めながら、自転車Yさんにご挨拶をして少しお話をさせて頂く。





英彦山南岳で、三角点タッチ。





この紅葉はもう数日早かったら、とても綺麗だっただろう。





中岳でまた少し休憩をして、北西尾根で下山をする。





ススキも堪能、北西尾根の紅葉も素敵だった。ふかふかの落ち葉を踏みしめて、別所へ下山した。





ご一緒頂いた皆様、ありがとうございました。紅葉の美しい中を歩けて、とても嬉しかったです。

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム