FC2ブログ

中岳・久住山・扇ヶ鼻*2017.08.27

2017.08.27 21:00|大分県
中岳 1,791m
久住山 1,786.5m
扇ヶ鼻 1,698m

牧ノ戸峠(1時間31分)→久住分かれ避難小屋(35分)→中岳(29分)→久住山(51分)→扇ヶ鼻(1時間12分)→牧ノ戸峠


行動時間計 4時間38分



真玉海岸からの帰り道、空がとても焼けた。そのタイミングで、朝駆けアナウンスが入る。「夕方に空が焼けたら、翌日の朝も焼ける」そんな言葉を思い出して、一旦家に帰る。パッキングをしてすぐ家を出て、牧ノ戸に着いたのが深夜0時半。



1時間半だけ仮眠をして、ボッチさん大暇さんとゆっくりと歩き出した。大空さんは少し早く出発していた、白いコンクリート坂の途中でRyoさんsanpoさんが追いつく。

途中、ガスに飲まれたりしたものの、久住分かれ避難小屋での小休止を挟み、中岳へと向かった。遠く由布岳の奥で、色が変わり始めた。



大船山からぼんやりと日の出、思ったように焼けなかった。




何度も起こるブロッケンに、後方の山頂では何度も歓声があがる。それを後目に、背景が・・・と右ならえしてその瞬間を待つ。





天狗に行っていたRyoさんとSanpoさんが、見慣れない山ガールと一緒に中岳へやって来た。ハーフパンツにタイツの山ガールなおさんだった、可愛い。ほどなくして、「終了終了!」と声が上がり、池の小屋へと下った。





今日の山ご飯は、新千歳空港で(多分)最長行列に並んで購入した「コーンパン」。軽く温めて、ぎっしりつまったコーンを味わう。





食後に北海道お土産として半玉持ってきた、「ようてい」メロンを皆さんへふるまった。美味しかったかな?



ボッチ隊の皆さんには大きく手を振ってお別れ、久住山に寄り道をしてガスが晴れるのを少し待つ。





扇ヶ鼻でマツムシソウと、なおテントウムシに会う。









マルハナバチも健気に頑張っていた





ママコナ





イヨフウロ





なおさん、Ryoさん、sanpoさんとタデ原に移動して、またぷらぷらとまた花を探す。



シラヒゲソウ





サワギキョウ




コバギボウシ





ミズトンボ





キセルアザミ





ヒゴタイ





Ryoさんにソフトクリームをご馳走になり、ひとり男池に移動。お久しぶりのおいちゃんへお土産を渡して、溶けそうな笑顔にほっこり。たくさんお話をして、それから男池散策に向かった。





キツネノカミソリ





ハガクレツリフネソウ




ヤマホトトギス





フシグロセンノウ





ギンバイソウ





キツリフネ





遠征から帰るといつも九重に行きたくなる不思議、今日の山は優しかった。ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました。

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム