FC2ブログ

三鈷峰*2017.07.16

2017.07.16 21:00|鳥取県
三鈷峰 1,516m
象ヶ鼻 1,550m


大山寺(1時間31分)→中宝珠越(51分)→上宝珠越(33分)→三鈷峰(33分)→象ヶ鼻(8分)→ユートピア避難小屋(25分)→上宝珠越(38分)→中宝珠越(1時間36分)→大山寺


行動時間計 6時間15分



3時起床、枕元に準備していたウェアに着替えて、静かに部屋をでる。1階に下りてなおさんと朝ごはん、サンドイッチとポテトサラダとしっかり食べる。オーナーの矢田さんが起きてこられて、寝てる方がいるから静かにねと、風が強いから気を付けてと送り出してくださる。


昨日は何度も間違えた豪円湯院までの道だが、なんとかすんなりと着く。すでに到着していたhigetiasさん、mamatiasさんご夫妻と挨拶をして、ヘッドライトをつけ、まだ暗い石畳の参道を歩き始めた。


昨日姫蛍を探し歩いた道には誰もいなくて、通りのベンチに置き忘れた虫除けも、無事に回収ができた。今年新たに買った虫除けは、アース製薬のサラテクトミスト リッチリッチ30。これも矢田さんがブログで紹介していた、ブヨに効くらしい。これを手にスプレーして、刺されやすいおでこや耳など、顔周りにぬる。足元やお腹にも、服の上からスプレーしてみた。今回は刺されなかったから、効果はあるのかも。


暗闇の中、Higeさんは迷う風もなく参道の階段を進む。大山寺から大神山神社へと進んだ、起き抜けにこの石段は結構しんどい。それから登山道へと進む。苔むした岩がしっとりと濡れていて、うっかり足の置き場所を間違えると滑りこけそうになる。上空では風が騒いでいる気配を感じるが、それをさえぎるように何か物凄い数の生き物が鳴いている。


「これ何が鳴いてるんですか?」「セミじゃない?」「セミやろうね」。鳥か蛙かと思った予想は外れた。こういう瞬間によく、山に入らせて貰っているんだ、という感覚に陥る。ここはたくさんの生き物の暮らす豊かな世界。



ようやく目指す山、三鈷峰を捉えた時にはすっかり日が上がっていた。見るからに荒々しい山容、登れるかなと不安になる。Higeさんと辿るルートを指でなぞる。





明るくなった登山道にはちらほらと花が咲いている、ダイモンジソウ。





ヤマアジサイ





右手に開けているはずの弥山方面は、くっきりと線を引いたような濃い雲の中。





崩落個所の多いユートピアコース。ロープが設置してあり、反対が崩れた斜面が何度も出てくる。ガレ場は素早く通過、大きな岩が落ちてきそうな岩場をよじのぼり、濡れた岩の斜面をおそるおそる上がっていく。





いつまでも続くかと思った上りだったが、ようやく三鈷峰への稜線を捉えた。辺りの草木はガスのせいでしっとり濡れていた。





分岐に上がると、強い風にさらされる。帽子の紐をザックのカラビナへくぐらせて、mamaさんが下さったエナジーゼリーで補給をする。





後で向かうユートピア避難小屋が見えている、木製の形が何とも特徴的で可愛らしい小屋。





向かう三鈷峰は、緑に覆われている。ちょうど按部に、崩落箇所があるのが分かる。





途中、風が強いから体を屈めて進むようにhigeさんから指示がある。もしあおられでもしたら、気を引き締めて進む。そうして山頂に到着。





山頂では花が出迎えてくれた。
ナンゴククガイソウ





ソホバノヤマハハコ





ピンクのシモツケが点在。強風で写真を撮るのに終始苦戦。





登頂できて少しほっとして、また小屋へ向かい来た道を戻る。斜面にはオオバキボウシの群落。





ナンゴククガイソウ





両脇を花に彩られた登山道。





オオバキボウシ。





シモツケ





ナンゴククガイソウ





ナンゴククガイソウのちびちゃん





稜線を象の鼻まで往復してから、ユートピア避難小屋へ戻り休憩。綺麗な板間に靴を脱いで上がる。





祖母山で頂いた炭酸が美味しかったので、氷と炭酸水と濃縮ソルティライチを持ってきた。ソルティライチソーダを皆さんで美味しく頂く。



なおさんが頬っぺたを虫に刺されたので、ポイズンリムーバーでシュポッと吸ったりなんかして、結局ガスは晴れることなく下山。





さよなら三鈷峰。





ヤマブキショウマ





生まれたてのナンゴククガイソウ





見返す三鈷峰





ツルアリドオシ





アクシバ





ヤマジノホトトギス





行きは暗くて見えなかった山アジサイの群落がとても綺麗だった。













遠くに美保湾の美しい曲線が見える。





姫蛍と思ったら、違うようで。2㎝ほどの体長で登山道を飛んでいた、種類を特定したかったけれど、大量の虫画像を見るのは苦手なので断念。これなんですか?





大山神神社に無事の下山をお礼参り。





痛む体がため息を洩らす石段を下り、無事に下山。





参道脇にあるホタルブクロ、山では蕾しかなかったのに下山して咲いてるなんて、あぁ虚しい。





参道脇にある白いオオバキボウシ、登らなくても見れますよ、と。





矢田さんにお出迎え頂いて、荷物を回収する。1泊したお部屋、三鈷峰。





豪円湯院で汗を流して、駐車場でプリンを食べて、higeさん運転で帰福。途中、餃子の作り方で異様に盛り上がってしまったmamaさんとなおさんを静めるために、美味しいきな粉黒蜜かき氷を頂く。mamaさん、ご馳走さまでした。




何とか日曜日中に帰りつくことができた。ずっと運転して下さったhigeさんに、感謝。2日間本当にお世話になりました。初めの三鈷峰、皆さんのおかげで登ることが出来ました。今回は行けなかった皆さんと、次は秋の弥山へ行きましょうね!


-終わり-

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム