丹沢縦走②*2017.5.4

2017.05.04 22:00|神奈川県

丹沢主稜縦走の1日目、地図上のコースタイムは7時間50分。小屋に着く時間を考えると、これを縮めながら休憩時間を作るはずだった。が、私が足を引っ張り、少しずつ姉の作った行程表より遅れだした。



先に見える尖ったピークが蛭ヶ岳。日本百名山はその先の丹沢山だが、丹沢最高峰そして神奈川県最高峰はあの蛭ヶ岳。




ツルシロカネソウ。大きなサバノオ!と思ったが、サバノオの生息域は九州。同じキンポウゲ科、シロカネソウ属だからお仲間さん。





登山靴ミラさんの靴擦れを心配していたが、今回は痛みもなく歩けている。ラリーグラスさんに相談をして、よく見ると踵の部分がへたっていたソックスをウールの比率が高いソックスに買い換えた。でもそれだけでは緩木山で痛かったので、もう2つした対策が効いた。ファイントラックの「スキンメッシュソックス」をインナーソックスに履いて、一番上の靴穴には靴紐を通さずに結んだことで解消した。インナーソックスは夏の縦走や冬の朝駆けに使っていたが、靴擦れ対策にもなると気付いたので試してみたら正解だった。



コイワザクラ





檜洞丸の手前でお話した方に「コイワザクラ」のことをお聞きして、探さないとと思っていたが、蛭ヶ岳手前の縦走路にたくさん咲いていた。





先行していた単独の男性が「ここちょっとザレてます、落石しそうなので、間隔を開けて登って下さい」と声かけして頂く。その言葉通り、小さな落が起こる。少し手前でやり過ごして一人ずつ登る。





ニッコウネコノメソウ?




右を見ると、なだらかに熊木沢へと落ちる山肌の美しい眺め。よく登ってきたな。





ウスユキソウ?





展望雄大なはずだったが、辿り着いた蛭ヶ岳山頂はガスに覆われていた。





先に着いた姉が工程表を睨んでいるのを横目に見ながら、「ちょっと小屋に行ってくるね」と蛭ヶ岳山荘に行くことにする。





姉も来たのでコーラ(500円)を買って、小屋の中で少し休憩をする。最後のおにぎりを食べて、行動食も食べる。今日はここで宿泊という花の本を抱えたおばさまと少しお話をして、元気を取り戻す。



蛭ヶ岳からはまた少し下った。丹沢縦走はひたすら登った後はアップダウンの繰り返し。見返す蛭ヶ岳からのトレースが美しい。





歩いては振り返り、歩いては振り返り。「歩いてきた道が見えるのがいいよね」と二人で笑顔。





行く先にも稜線は続く、本日の目的地は丹沢山、みやま山荘。真ん中のとんがり山の上に小屋が見えるけれど、あれは塔ノ岳よね?丹沢山は左よね?みやま山荘は見えんだけよね?真ん中が丹沢山?違うよね?あんな所まで行けんよ。とごちゃごちゃと話す。





丹沢山は左のピークだった、みやま山荘は樹木に隠れて見えないだけ。もう少しやねと話しながら、また下って登る本当に最後のほう。こんなに綺麗な稜線を歩いているのは二人だけ、贅沢な時間を過ごす。





丹沢山山頂に到着、ガスっていても嬉しい。辿り着かないかと、途中本当に思った程きつかった。





みやま山荘のドアを開くと、受付で小屋のおかみさんが「頑張ったね!」と笑顔で迎えてくれた。着いたのは16時半過ぎ、行程より15分位遅れた。小屋に着く時間としては遅いけれど、怒られることもなくて、何よりその笑顔にほっとする。





小屋の予約の際に、登山口と下山方向を聞かれるので、おかみさんは西丹沢からだと分かっていた。泊まるのは蛭ヶ岳山荘にしたらとも言われたらしいが、初めから私達はみやま山荘だと決めていたのだ。普段買わない山バッチだが、シロヤシオに見とれていたら、姉がお揃いで買ってくれた。姉はザックにすぐつけたけれど、無くすのが怖くて私はザックにはつけられないな。





到着が遅かったので、梯子を登って上の段。「今日は二人で1枚」と、小屋泊で初めてのぎゅうぎゅうパターン。隣との仕切りもなくて、しかも隣は男性。エルボーされたり、右を向いても左を向いても距離が近すぎて、どうやってもぐっすりとは寝られなかった。





丹沢山はテント泊できる場所が上にないから、小屋泊をするしかない。その代わり、こんな豪華な小屋飯が出てくる、2食つきで8,000円。真ん中のサラダには鴨肉の燻製だし、左下のデザートは桃缶だし。このためにハードでも丹沢山までの行程にした食いしん坊姉妹な私達、頑張って良かった。





同じテーブルについた方も、みやま山荘のご飯が美味しいからここに来た、という方ばかりだった。ちなみに蛭ヶ岳山荘は、夜はカレー、朝はおでんだそう。


お腹を満たした後、疲れはてた私達は夕景を眺めることも星空を眺めることもなく、ぎゅうぎゅうで布団に並んで、こそこそととりとめのない話をした。こうして長い長い1日が終わった。


-続く-

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム