FC2ブログ

雁俣山*2017.4.22

2017.04.22 21:00|熊本県
雁俣山 1,315m

二本杉峠登山口(13分)→黒原分岐(1時間2分)→黒原経由→雁俣山(48分)→黒原分岐(15分)→二本杉峠登山口

上り 1時間15分
下り 1時間3分
行動時間計 2時間18分

先月、唐突に振られた業務の余波で会社携帯を渡され、24時間365日の携帯を言い渡される。そもそも山では繋がりづらいキャリアだけど、もし掛かってきたら山で仕事するの?シュールだな。そんなへこんでる最中に「黒部五郎岳の会」での山行が決まる。メンバーはHさん、HRさんのいつもの3人。

切り込み隊長のHさんが山を3座決めて、ドライバーはHRさんが引き受け、私は珍しくスケジュールを任された。半べそかきながら残業もして、平日を何とか乗り切る。

朝早くHRさんとHさんを少しお待たせして、HRさん号で高速に乗り、御船からは445号線を行く。山はガスがかかっていた、相変わらず凄い山道。二本杉峠の駐車場には車が2台だけ、空はすっかり晴れていた。




幻想的な登山道を歩く、ウグイスの鳴き声に春を感じる。




「周回病?」とHさんが聞くので、目を輝かせて頷き、分岐から黒原の方へ向かう。







明らかに高度を下げて何度か沢を渡り、花の咲く民家の横を通り、分かりやすく立てられている道標を頼りにのんびり歩く。




少し急な岩場を登ると、登山道にはアセビの花がたくさん落ちていた。




人吉かめさんの標識を過ぎると、雁俣山の山頂に着いた。




三角点タッチ。




京丈山、平家山、国見岳と続く脊梁山地の展望。




先月の出張の時、京都の方に頂いたお菓子で少し休憩。




山頂のヒカゲツツジはまだ蕾だったが、少し下ると咲いていた。




楽しみにしていたカタクリは、まだ開花していなかった。あと1時間遅ければ見られたなと、スケジューリングを反省。




シロバナネコノメソウ




ユキザサ(蕾)?




ミヤマカタバミ




二本杉峠には桜がまだ咲いていた。次の山へ移動を始める。



-続く-

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム