長谷寺*2015.12.31

2015.12.31 23:00|奈良県
長谷寺の観音万灯会を見てみたい。
2015年の年越しに訪ねてみた。



23時過ぎ、拝観料は大晦日の夕方から無料。
参拝の方々は続々とのぼっていく。



華やかな門松が出迎える。



灯籠が優しい光で登廊を彩る。















御本尊の元旦御開帳法要を待つ間に。









本殿の横ではお汁粉と甘酒が振る舞われていた。
冷えた体に暖かいお汁粉が染み渡る。



23時45分頃から、流れるような読経の中、元旦御本尊開帳の法要が行われた。
御本尊の木造11面観音立像の穏やかなお顔は、長谷寺が長く人々の訪れる理由だろうと思えた。



法要の最後にご住職からの年始の挨拶があった。
ご高齢のご住職のお話は暖かみがあって、とても心に残った。

このような山深い山寺へ年始の参拝に来て頂いて、ありがとうございます。
本年も皆様と皆様のご家族に、観音様の御加護があるように願います。
帰り、階段で転ばないように、てすりを持って、ゆっくり下ってください。
てすりは冷たいと思いますけど、命には換えられませんから。
どうぞお気をつけて、お帰りください。



御本尊の御朱印を頂いて、美しい登廊を下る。
2016年の始まりに、良いお参りができた。

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

橿原神宮*2016.12.31

2015.12.31 15:00|奈良県

奈良へ戻って時間があったので、パワースポットとしても有名な橿原神宮へ。





大晦日の参道では、ひたすら生卵を割る人や、ひたすら鶏肉に唐揚げ粉をまぶす人や、くじの景品のおもちゃを並べる人など、露店商がもくもくと準備をしていた。





と、何やら神事が行われていた。


とりあえず私も並んでみると、和紙の包み紙を頂く。





ざわざわ、進行の方の声もあまりよく聞こえない。


周りを見ながら、和紙の包みを開く。





四角い和紙と藁みたいな切れ端。


これを左右の肩に撒いていく。





千と千尋に出てきた人形、これで肩やあちこちを撫でて、息を三回吹きかけて、また和紙で包む。


するとそれを回収される。





回収したら、お祓いが始まった。


最後に宮司さんの挨拶があり、これは大晦日の大祓の儀式で、どこの神社でも行われているらしい。


橿原神宮では最近から、参拝の方にも参加してもらうようになったのだそう、有難い。




お祓いが滞りなく終わると、皆さんお神酒を頂く為に並び出す。


車だし、と思ってると何やら頂いている様子なので、私も並んでみる。





菊の盃を渡される。





ほんの少し、お神酒を頂くと、延寿箸を頂けた、有難い。





さざれ石。





来年の干支、猿の大絵馬。





本殿でお詣りをして、御朱印を頂いて、せっかくなので両親へ延寿箸を買い求めた。





思いがけず神事でお祓いを受けることが出来て、年末にとても良いお詣りができた。




テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

室生寺*2015.12.31

2015.12.31 09:00|奈良県

針SAから奈良へ戻る途中、室生寺の近くを通るので寄ってみることに。





拝観料600円を払って中へ。


国宝金堂。





振り返って弥勒堂。





国宝、本堂灌頂堂。


室生寺の御本尊、如意輪観音菩薩像の御朱印を頂く。





国宝五重塔。





奥の院へ続く石段。





岩の上に伸びる巨木。





たどり着いた奥の院、御影堂。





七重石塔。





大晦日にも関わらず、参拝の方々も多かった。


御朱印を頂いた時に伺った、室生寺の御本尊様はどんな願いでも叶えてくれる、ゆっくりお参りしていってください、という言葉が心に残った。


テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

御在所岳*2015.12.30

2015.12.30 21:00|三重県
三重県 御在所岳 1,212m

中道登山口(2時間5分)~山頂公園(29分)~御在所岳山頂(15分)~山頂公園一ノ谷新道(1時間31分)~中道登山口

奈良から名阪国道を走って、こじんまりとした「道の駅菰野」で車中泊。

4時半に起きて、湯の山温泉の奥にあるスカイライン沿いの駐車場に車を停めて、中道登山口を7時に出発。



登りが続くので、汗をかかないようにゆっくりと進む。



登山道は分かりやすくて、とても整備されている。

朝、お湯を沸かしたりして慌ててたので、日焼け止めも塗ってない、朝食も取ってない。
ポケットに入れたメープル丸太ブレッドをかじりながら進む。



頭上にはロープウェイと明けてくる空。

2年前に同じ時期、このロープウェイで山頂に上がったのを、今日はようやく自分の足で登れるのが嬉しくてにまにまする。



奇岩の多い御在所岳、岩が現れだす。
そして岩にうっすら雪が積もりだす、綺麗。

岐阜と三重の男性2人が、同じ時間から登り始めたので、ちょこちょこ話をさせてもらう。



おばれ岩に到着!



地蔵岩に到着!
絶妙なバランスで乗っているあの真四角な岩、不思議~。

着いてすぐ写真を撮ろうとしていると、三重の男性から「もう一段上からだと、もっと綺麗に撮れますよ」とアドバイスを頂く。

なるほど、これがみんなが撮るアングルだ、と納得。

 

今日の天気は曇り/晴れ。

アンダーはファイントラック、ベースにメリノウールの長袖、ミドルにフリースを着用。



キレットに差し掛かる。

三重の男性が、「急な下りなのでストックをしまった方がいいですよ」とアドバイスを頂く。
鎖を持ちながら慎重に降りていく。

足場はしっかりあるから、思っていたより危なげなく通過できて大丈夫だった。
ただ、周りの景色を見る余裕は、高所恐怖症なのでない。



8合目に到着。

ここでアイゼンを装着。
男性2人は12爪にピッケル、私はモンベルのチェーンスパイク。
12爪もピッケルも車に置いてきている、大丈夫かなと不安になる。



振り返って見ると、こんなに急な所を降りていた。
雪が隠しているから、綺麗に見えるけど、なかなか御在所岳はアグレッシブな山。



その後もロープや鎖を頼りに、傾斜のある登山道を進む。
凍結箇所も少なくて、今日の状況ならチェーンスパイクでも大丈夫だった。



ふと見上げると樹氷がもふもふしてきた。
昨日登った高見山の雪はシャカシャカしてたけれど、御在所岳の雪はふわふわ。



気づくと、山頂公園に到着。
奇岩や鎖場に気を取られている内に、あっという間にたどり着いた感じだった。



富士見岩から見た景色、これでは富士山は見られなそう。



樹氷のトンネルを進む。

隣の国見岳が見える、いつか周回してみたい。



ふわふわの雪が嬉しくて、チェーンスパイクを外して歩く。
スキー場やリフトでは職員さんが雪かきをしたりとオープン準備をしていた。



御在所岳山頂に到着。

岐阜の男性が、「ガスを連れてきちゃったなぁ」と言うので、3人で笑う。
景色が見れなくても、登頂の喜びは変わらないし、山はいいなと思う。



一等三角点があるもうひとつのピークの写真も。

ここから来た道を戻るので、途中の緩やかな下りではまたチェーンスパイクを履く。



昼食は袋麺の味噌ラーメンに焼き鳥の缶詰をトッピング。

ございしょ自然学校入り口のベンチで作っていると、広場の方から小さな女の子が駆け寄ってきた。
ロープウェイで雪遊びをしに来た家族連れもたくさんいて、年末というのに大賑わい。



下山は一ノ谷新道、氷瀑の左横から下っていく。



綺麗な樹氷を目に焼き付ける。



何ヶ所か鎖やロープを使って下る箇所があったけれど、迷う事もなく分かりやすい登山道だった。



12時半に山の家に到着、登りですれ違った方、2人。
ハンモックで昼寝していた方、1人。



出発した中道登山道にもう一度立寄る。
熊の出没情報が10月、というのにびっくりする。



駐車場に到着、車は20台位。朝は5台位だった。

三重県の人気なお山、景色も達成感も最高でした。

高見山*2015.12.29

2015.12.29 21:00|奈良県
奈良県 高見山 1,249m
杉谷登山口(52分)~小峠(18分)~杉谷平野分岐(53分)~高見山(33分)~杉谷平野分岐(16分)~小峠(41分)〜杉谷登山口

奈良県の高見山に樹氷を求めて、姉妹登山。
杉谷登山口のバス停横に車を駐車、トイレもバス停の目の前にあります。



伊勢街道を歩くので石畳道が続きます。



大きな松「撞木松(シュモクマツ)」が歴史を伝えています。



小峠に到着。
ここから自然遊歩道に進むので、鳥居をくぐり、階段をあがっていきます。



ここまでの緩やかな登山道から、一気に急登になりました。



急登を登りきって、分岐に到着。
たかすみの里から登られてきたご夫婦と会いました。
本日初めてお会いした登山者です。
熊注意の看板が大きくて、おののきます。



ここまで全く雪もなく、ここ数日の暖かさなら、解けてしまったのかなぁ思う。
樹氷なんて、もうなさそう。
と思ってると、小さい樹氷を発見。



木々が白くなってきました。
風が冷たく強くなってきました。



標高があがるごとに、樹氷が大きくなります。
これはもう、えびのしっぽと言っていいでしょうか。



横を向けば、青空が見えます。



雲が眼下の山に影を作っていました。



登山道はもうすっかり雪で覆われています。



高見山山頂に到着しました。
祠も雪をまとっています。



感慨もそこそこに、寒いと避難小屋へ駆け込むと、3組の登山者の方がカップラーメンなどで暖まっていました。



私達も防寒具を着込みながら、キムチラーメンをブルブル震えながら作りました。



避難小屋のなかには、小峠から大峠までが崩落で通行止めとあります。
周回はできないので、今日は来た道を戻ります。



途中まで諦めていた樹氷をみることが出来て大満足の姉妹登山になりました!

二上山*2015.12.28

2015.12.28 21:00|奈良県
年末に奈良で姉家族と二上山登山。
道の駅ふたかみパーク當麻に車を停めました。
目の前にはふたかみパークがあります。



道の駅から二上神社までは、舗装路を歩きます。
登山道は始め木段が多く、けっこうな登りですが、きちんと整備されていて、幼稚園児でも頑張って登ってました。



ふわふわの落ち葉が敷き詰められた登山道。



1時間30分で山頂に到着しました。
二上山雄岳517mです。



山ご飯はウインナーたっぷりのうどんです。
豚キムチうどんも出来上がりました。



お腹いっぱい食べて、暖まって、下山開始。
1時間20分で二上神社に到着、無事下山できたお礼を伝えます。



あとは道の駅まで、のんびり歩きました。
子供連れで休憩をたくさんとっても、お手軽に登山が楽しめる良い山でした。

宝満山*2015.12.19

2015.12.19 21:00|福岡県
宝満山へ行きました。
山頂で朝ごはんを食べようと、まだ薄暗い7時前、林道終点の手前から登り始め。

徐々に日が昇ってきました。



雪もちらほら残ってます。



薄紅色の町並み。



中宮跡にこの位の雪。
アイゼンの出番はありませんでした。



山頂に8時。



のんびり朝ごはんを食べて下山しました。
2015年、5回目の宝満山でした。
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム