国見岳*2017.4.23

2017.04.23 21:00|熊本県
国見岳 1,738.8m

五勇谷橋(17分)→国見岳新登山口(51分)→旧道分岐(1時間30分)→国見岳(1時間6分)→旧道分岐(40分)→国見岳新登山口(16分)→五勇谷橋

上り 2時間38分
下り 2時間2分
行動時間計 4時間40分


朝起きて身支度をすると、石油ストーブがついていた。「寒い寒い」と口をつくほどで、目玉焼きとウインナーを焼いてこたつにもぐり込むと、HRさんがコーヒーを淹れてくれる。

食器洗いもお兄様達がやってくれ、閉める鍵はないが片付けをして宿を出る。途中、土砂崩れで通行止めもあり、迂回しながら登山口へ着くと、既に4台車が停まっていた。

微妙に足首へあたるミラさんに手こずりながら林道を歩き、新登山口からひたすら急な登山道を上がる。昨日のように遮るスズタケはないから、いい道!なんて言葉が出る。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

保口岳*2017.4.22

2017.04.22 22:00|熊本県
普賢峰(保口岳南峰) 1,280m
保口岳 1,281.4m

林道終点登山口(49分)→作業道出合(43分)→普賢峰(12分)→保口岳(53分)→林道経由→作業道出合(35分)→林道終点登山口

上り 1時間44分
下り 1時間28分
行動時間計 3時間12分


HRさんの運転で二本杉峠から保口岳登山口へ向かう。気を抜いたら落ちるかパンクしそうな本気の林道を走り、一人なら引き返してしまいそうな登山口に着く。もちろん他に車は見当たらない、どんな山なんだろう。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

雁俣山*2017.4.22

2017.04.22 21:00|熊本県
雁俣山 1,315m

二本杉峠登山口(13分)→黒原分岐(1時間2分)→黒原経由→雁俣山(48分)→黒原分岐(15分)→二本杉峠登山口

上り 1時間15分
下り 1時間3分
行動時間計 2時間18分

先月、唐突に振られた業務の余波で会社携帯を渡され、24時間365日の携帯を言い渡される。そもそも山では繋がりづらいキャリアだけど、もし掛かってきたら山で仕事するの?シュールだな。そんなへこんでる最中に「黒部五郎岳の会」での山行が決まる。メンバーはHさん、HRさんのいつもの3人。

切り込み隊長のHさんが山を3座決めて、ドライバーはHRさんが引き受け、私は珍しくスケジュールを任された。半べそかきながら残業もして、平日を何とか乗り切る。

朝早くHRさんとHさんを少しお待たせして、HRさん号で高速に乗り、御船からは445号線を行く。山はガスがかかっていた、相変わらず凄い山道。二本杉峠の駐車場には車が2台だけ、空はすっかり晴れていた。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

岩宇土山・上福根山*2017.2.26

2017.02.26 21:00|熊本県
岩宇土山[イワウドヤマ] 1,347m
上福根山 1,442m

久連子[クレコ]古代の里(2時間13分)→岩宇土山(1時間20分)→上福根山(1時間31分)→白崩平[シラクエダイラ](1時間16分)→久連子古代の里

登り 3時間33分
下り 2時間47分
行動時間計 6時間20分

1ヶ月前に決まったこの山行を、楽しみにしていた反面緊張もしていた。去年は雪でたどり着けなかったので、雪仕様になった美花でリトライする。あまり人を乗せない美花を人乗せ仕様に変えて、洗車も2回した。

計画を立ててくれたHさんがHRさんと一緒に来てくれて合流、二人を乗せて人吉まで高速に乗る。ずいぶん遠回りになりそうだけど、国見岳に行った時に445号線が酷道なのが分かったので、確実に着けるルートを選んだ。

ずっと話しながら運転もしてると、頭が沸騰しそう。後半は道がどうなるか分からなかったから、テンパるかもしれませんと先に伝えておいた。けれど目的地の手前4キロまでは広い道路で夜間凍結もなし、このルートにして良かった。最近の山行話をしながら、休憩なしで久連子古代の里に到着。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

国見岳*2016.11.13

2016.11.13 21:00|熊本県
国見岳 1,739m

五勇谷橋(15分)→新登山口(2時間6分)→国見岳(1時間52分)→五勇谷橋

上り 2時間21分
下り 1時間52分
行動時間計 4時間13分

5時の目覚ましが鳴るが、15分延長して二度寝。それから慎重にお湯を沸かして、コーンスープを作り体を温める、山専ボトルにもお湯を注ぐ。

トイレを済ませ、歯磨き忘れたともう一度トイレへ向かっていたその時。足に鈍い衝撃が走り、どべしゃと地面に倒れ込む。西金吾之のお怒りが足に取り憑いたのかも、手を擦りむき、ダウンが破れ、両膝にはミカン大の青アザが。後に、sanpoさんも同じ場所で転けたことを聞く、やはり西金吾之は相当お怒りのご様子。

転けたことはとりあえず内緒にして、何食わぬ顔で佐俣の湯を6時過ぎに出発。ナビをセットしたので、僭越ながら先頭を走る。登山口までは細く曲がりくねった山道になるが、このカーブ具合が何とも小気味良くて楽しくてたまらない。そして先に進むにつれ、道路脇の木々が紅葉に染まってくる。

途中何度か分岐で止まり、sadaさんとルートを確認しながら、1時間半で登山口に着いた。路肩ギリギリに美花を寄せて停める。美花、川に落ちないように大人しくしてるんだよ。




続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム