伯耆大山*2017.01.01

2018.01.01 21:00|鳥取県
弥山 1710.6m


宿04:15(1時間27分)→六合目避難小屋5:57-6:06(55分)→頂上小屋07:01-07:55→弥山07:55-08:02→頂上小屋08:03 - 08:57(30分)→六合目避難小屋09:27-09:35(1時間37分)行者谷経由→宿11:12


上り 2時間22分
下り 2時間7分
行動時間計 4時間29分



「大山ゲストハウス寿庵」にチェックインした時点では、予報が悪いので登るつもりはなく、スノーシューハイクか初心者ゲレンデでも行こうかと思っていた。ところが矢田さんと話していると、常連さん達は登るとのこと。そう聞くとつい、温泉に行くついでに車に戻り、12爪アイゼンとピッケルを持ってきてしまう。3時過ぎの目覚ましで起きて、階下に降りると既に広島のジャック・スパロウことTさんが準備を終わらせていた。お湯を沸かしていると、兵庫のサラブレッドことHさんも降りてきた。



ついていけるか自信がなくて、先に行って下さいと言ったものの、お優しいお二人と一緒に寿庵を出る。歩き初めからアイゼンを履いていて、まだ暗い参道に雪を踏む音とアイゼンがコンクリートに当たる音が響き渡る。空を見上げると星が瞬いていて、曇と雪の予報は外れたのかと嬉しく歩く。南光河原駐車場の奥から夏道登山道に合流、Hさんが代表して登山届を書いてくださる。



前を行くHさんは細かく足を止めてくださり、距離が開かないように見守りして頂く。5合目の山の神様では風が強くなるかとフリースを着足すが、それも6合目ではまた脱いでしまう。ウェア調整は、汗かきにはいつも難しい。



Tさんが山の神様の雪を払ってくれたおかげか、思ったほど風は強くなかった。それでもルートはガスに覆われてしまったので、ただひたすら離れないよう歩く。山頂小屋に直行して、ウェア調整をする。



Hさんからホット練乳ココアを頂く、意外にも美味しい組み合わせに温まる。あんパンを少し食べて山頂へ向かってみると、小屋にいた常連さん達の三脚だけが、白い世界の中に浮かんでいた。




続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

伯耆大山*2017.12.23

2017.12.23 21:00|鳥取県
大山弥山 1710.6m


夏山登山口8:47※夏道登山道(1時間37分)→六合目避難小屋10:24-41(51分)→大山(弥山)11:32-14:30→頂上小屋13:40-14:29(42分)→六合目避難小屋15:11-15:17※行者谷経由(1時間15分)→夏山登山口16:32


上り 2時間28分
下り 1時間57分
行動時間計 4時間25分



仕事終わりに道の駅香春で待ち合わせたyumiさんと、予報では風が強いが何とかなるのか?微妙な伯耆大山へ。小倉南インター手前のかかしうどんで、肉チーズうどんといなり二個を食べる。うどんにチーズってと思ったが、うどんのつゆとトロットロのチーズが不思議と合って美味しい。私の体格の半分位しかないyumiさんが、天丼とうどんのセットを「多い~」と言いながら完食。


小月で高速を下りて、下関の豊田湖を通り長門市に抜け、いつもと違うルートで山陰へ。しんみりと2017年を振り返りながら、3時には南光河原駐車場に着いた。星が見えていたから、翌日の天気を期待しながら、目覚ましもかけずにぐっすり眠る。


起きて窓の外を覗くと、ほんのり焼けた空が広がっていた。「ひょっとすると!」と言うと「ひょっとするかも~!」と返してくれるyumiさんさんとはしゃぎながらしばらくゴロゴロ。予報を見ると昼に山頂へ着く位で丁度良いかなと、遅めの出発に決めていた。


駐車場の奥から入山して、夏山登山道に合流する。汗をかかないyumiさんと、はやくもポタポタな私。ゆっくり進む登山道は、全て雪道になっている。2合目からは12爪アイゼン、yumiさんは6爪アイゼンをつけて進む。登山道はなぜかガスに覆われてしまった。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

伯耆大山no元谷*2017.10.28

2017.10.28 21:00|鳥取県
前日19時過ぎ、道の駅香春で話し込む怪しげな人影。「雨は降らないと思う」「この後どうなるかは台風次第」「でも青空は無理でしょ」「でも来週はもう行かないと思う」、yumiさんとのでもでもだってが止まらない。



そうして出た結論は、行こう、紅葉は良いはずだから、となる。お互い一人なら止めていたと断言するほど、一か八かの強行遠征が始まる。



今回も小郡インターまで高速に乗り、それから9号線を走る。ご飯、コンビニ休憩、トイレ休憩を挟みつつ、3時すぎには南光河原駐車場に到着。長距離移動のハイライトは、ワカンとスノーシューどちらを買えばいいか悩むという件でyumiさんが放った「わかんない!」。米子バイパスを高速走行するにはあまりに危険すぎる同乗者、腹を抱えて大笑いする。



あまり寒くなくて、保険で積み込んだ掛け布団だけで眠れた。起きてすぐ紅葉が綺麗とはしゃぐyumiさん、「kuuさんも見て!」と急かされ外へ出ると、本当に紅葉(赤く色づくの意)している。


「赤いですね!」というと、「赤くないよ」と返されて頭の中がはてな。「赤いでしょ??」と言うと、「本当だ、赤い~、黄色かと思った~」と、朝から面白くてどうしよう。ハッチバック全開で車の後ろに腰かけて、紅葉を眺めながら朝ごはん。




続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

三鈷峰*2017.07.16

2017.07.16 21:00|鳥取県
三鈷峰 1,516m
象ヶ鼻 1,550m


大山寺(1時間31分)→中宝珠越(51分)→上宝珠越(33分)→三鈷峰(33分)→象ヶ鼻(8分)→ユートピア避難小屋(25分)→上宝珠越(38分)→中宝珠越(1時間36分)→大山寺


行動時間計 6時間15分



3時起床、枕元に準備していたウェアに着替えて、静かに部屋をでる。1階に下りてなおさんと朝ごはん、サンドイッチとポテトサラダとしっかり食べる。オーナーの矢田さんが起きてこられて、寝てる方がいるから静かにねと、風が強いから気を付けてと送り出してくださる。


昨日は何度も間違えた豪円湯院までの道だが、なんとかすんなりと着く。すでに到着していたhigetiasさん、mamatiasさんご夫妻と挨拶をして、ヘッドライトをつけ、まだ暗い石畳の参道を歩き始めた。


昨日姫蛍を探し歩いた道には誰もいなくて、通りのベンチに置き忘れた虫除けも、無事に回収ができた。今年新たに買った虫除けは、アース製薬のサラテクトミスト リッチリッチ30。これも矢田さんがブログで紹介していた、ブヨに効くらしい。これを手にスプレーして、刺されやすいおでこや耳など、顔周りにぬる。足元やお腹にも、服の上からスプレーしてみた。今回は刺されなかったから、効果はあるのかも。


暗闇の中、Higeさんは迷う風もなく参道の階段を進む。大山寺から大神山神社へと進んだ、起き抜けにこの石段は結構しんどい。それから登山道へと進む。苔むした岩がしっとりと濡れていて、うっかり足の置き場所を間違えると滑りこけそうになる。上空では風が騒いでいる気配を感じるが、それをさえぎるように何か物凄い数の生き物が鳴いている。


「これ何が鳴いてるんですか?」「セミじゃない?」「セミやろうね」。鳥か蛙かと思った予想は外れた。こういう瞬間によく、山に入らせて貰っているんだ、という感覚に陥る。ここはたくさんの生き物の暮らす豊かな世界。



ようやく目指す山、三鈷峰を捉えた時にはすっかり日が上がっていた。見るからに荒々しい山容、登れるかなと不安になる。Higeさんと辿るルートを指でなぞる。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

伯耆大山*2017.3.12

2017.03.12 21:00|鳥取県
弥山 1710.6m

夏山登山口(1時間46分)→六合目避難小屋(1時間16分)→弥山(35分)→六合目避難小屋(北尾根経由:1時間27分)→夏山登山口

上り 3時間2分
下り 2時間2分
行動時間計 5時間4分

もともとは福寿草を見に行きたいねと、ふわっとした話をyumiさんとしていた。それが天気に転がされて、山も日にちも変わり、金曜日の朝に出した結論が日曜日の大山だった。土曜日のくじゅう坊がつるの野焼きは先に決めていたし、普通なら移動日に1日は充てるのに、どう見ても無謀なスケジュール。だけど天気は良さそうで、助手席にyumiさんがいるなら夜通しの運転も出来そうな気がした。見たい景色を見るために、やるしかないと腹を括る。

15時過ぎに九重を出て、yumiさんの住む街へ向かい、その途中で1時間だけ仮眠。仕事を終えたyumiさんを拾って、20時に関門海峡を渡り小郡インターで高速を降りる。美花のナビが終始おかしくて、宇部バイパスを4キロ逆戻り、慌てるyumiさんを「いつものことだから大丈夫ですよ」となだめる。

真っ暗な9号線をひた走り、花の話、山の話をしながらとにかく走り、米子のバイパスを走っているとyumiさんが右前方を指差し騒ぐ。目を離すと危ないのだけど、ちらっと黒に近い群青の闇夜に目を凝らすこと数回。遠くにうっすらと大きくて白い大山の山容が浮かんでいた。伯耆富士、その言葉そのもの。

どんどん大きく迫る真っ白な大山に歓声をあげながら、大山寺へと向かう大山環状道路に入り、2時45分に南光河原駐車場へと着いた。荷物を前席に積み替えて、二人並んで3時間仮眠。

6時に起きてすぐ、窓の外を覗いたyumiさんが「見えない」とつぶやく。そうか、ガスったか。あえて反応せずに「登りますよね!」と声をかけて、お湯を沸かしてコーンスープを2つ作り、パンと一緒に朝ごはん。山専にお湯も注いで、山の方は見ないように準備を済ませて7時過ぎに駐車場から歩き出した。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム