長谷寺*2015.12.31

2015.12.31 23:00|奈良県
長谷寺の観音万灯会を見てみたい。
2015年の年越しに訪ねてみた。



23時過ぎ、拝観料は大晦日の夕方から無料。
参拝の方々は続々とのぼっていく。



華やかな門松が出迎える。



灯籠が優しい光で登廊を彩る。















御本尊の元旦御開帳法要を待つ間に。









本殿の横ではお汁粉と甘酒が振る舞われていた。
冷えた体に暖かいお汁粉が染み渡る。



23時45分頃から、流れるような読経の中、元旦御本尊開帳の法要が行われた。
御本尊の木造11面観音立像の穏やかなお顔は、長谷寺が長く人々の訪れる理由だろうと思えた。



法要の最後にご住職からの年始の挨拶があった。
ご高齢のご住職のお話は暖かみがあって、とても心に残った。

このような山深い山寺へ年始の参拝に来て頂いて、ありがとうございます。
本年も皆様と皆様のご家族に、観音様の御加護があるように願います。
帰り、階段で転ばないように、てすりを持って、ゆっくり下ってください。
てすりは冷たいと思いますけど、命には換えられませんから。
どうぞお気をつけて、お帰りください。



御本尊の御朱印を頂いて、美しい登廊を下る。
2016年の始まりに、良いお参りができた。

テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

橿原神宮*2016.12.31

2015.12.31 15:00|奈良県

奈良へ戻って時間があったので、パワースポットとしても有名な橿原神宮へ。





大晦日の参道では、ひたすら生卵を割る人や、ひたすら鶏肉に唐揚げ粉をまぶす人や、くじの景品のおもちゃを並べる人など、露店商がもくもくと準備をしていた。





と、何やら神事が行われていた。


とりあえず私も並んでみると、和紙の包み紙を頂く。





ざわざわ、進行の方の声もあまりよく聞こえない。


周りを見ながら、和紙の包みを開く。





四角い和紙と藁みたいな切れ端。


これを左右の肩に撒いていく。





千と千尋に出てきた人形、これで肩やあちこちを撫でて、息を三回吹きかけて、また和紙で包む。


するとそれを回収される。





回収したら、お祓いが始まった。


最後に宮司さんの挨拶があり、これは大晦日の大祓の儀式で、どこの神社でも行われているらしい。


橿原神宮では最近から、参拝の方にも参加してもらうようになったのだそう、有難い。




お祓いが滞りなく終わると、皆さんお神酒を頂く為に並び出す。


車だし、と思ってると何やら頂いている様子なので、私も並んでみる。





菊の盃を渡される。





ほんの少し、お神酒を頂くと、延寿箸を頂けた、有難い。





さざれ石。





来年の干支、猿の大絵馬。





本殿でお詣りをして、御朱印を頂いて、せっかくなので両親へ延寿箸を買い求めた。





思いがけず神事でお祓いを受けることが出来て、年末にとても良いお詣りができた。




テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

室生寺*2015.12.31

2015.12.31 09:00|奈良県

針SAから奈良へ戻る途中、室生寺の近くを通るので寄ってみることに。





拝観料600円を払って中へ。


国宝金堂。





振り返って弥勒堂。





国宝、本堂灌頂堂。


室生寺の御本尊、如意輪観音菩薩像の御朱印を頂く。





国宝五重塔。





奥の院へ続く石段。





岩の上に伸びる巨木。





たどり着いた奥の院、御影堂。





七重石塔。





大晦日にも関わらず、参拝の方々も多かった。


御朱印を頂いた時に伺った、室生寺の御本尊様はどんな願いでも叶えてくれる、ゆっくりお参りしていってください、という言葉が心に残った。


テーマ:神社・仏閣巡り
ジャンル:旅行

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム