北アルプス縦走⑤*2016.8.12

2016.08.12 22:00|長野県
2日目の13時過ぎ、ヒュッテ大槍。

槍ヶ岳山荘のテン場は満室、そのまま槍ヶ岳へ向かうか、殺生ヒュッテにテントを張ってから槍ヶ岳へ向かうか。

しばらく考えて、テン場を確保して、安心して登ることに決める。テン場のことを教えて下さったお父さんの後をついて、殺生ヒュッテへ。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

北アルプス縦走④*2016.8.12

2016.08.12 21:00|長野県
西岳 2,758m
槍ヶ岳 3,180m

大天荘(30分)→大天井ヒュッテ(2時間26分)→西岳(20分)→ヒュッテ西岳(1時間)→水俣乗越(2時間15分)→ヒュッテ大槍(17分)→殺生ヒュッテ(29分)→槍ヶ岳山荘(1時間33分)→槍ヶ岳(27分)→槍ヶ岳山荘(25分)→殺生ヒュッテ

行動時間計 9時間42分(小休止含む)


縦走2日目、3時過ぎ。テントを畳む音で目が覚める。

朝ご飯を食べていると、テントを打つ雨音が聞こえた。雨?予報は晴れなのに?山の天気は読めないな、とパッキングをすませて雨具を着る。でも、「え?雨?」みたいな話し声が聞こえない、穏やかな周りの音に耳をすませる。テントを出てみると、雨じゃなくて風の音だった。なんだ、良かった。

風のお陰で、テントの結露もない。撤収をおえてザックを置いたまま、大天荘のとても綺麗なトイレを利用して身仕度。外に出ると、ちょうど日の出を迎えた。




続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

北アルプス縦走③*2016.8.11

2016.08.11 22:00|長野県
1日目の12時過ぎ、燕山荘を発つ。

これから歩く稜線が、何処までも辿れるような表銀座。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

北アルプス縦走②*2016.8.11

2016.08.11 21:00|長野県
大天井岳 2,922.1m

中房・燕岳登山口(57分)→第2ベンチ(1時間41分)→合戦小屋(59分)→燕山荘(3時間11分)→大天荘

行動時間計 6時間48分(小休止含む)

縦走1日目、6時頃、松本駅バスターミナルに着く。

急いでも仕方ないのは去年で分かっているので、コンビニで野沢菜おこわを買って、てくてく松本駅へ。トイレを済ませ、ホームを間違えて下りたり上ったりして、電車に乗る。電車のドアを開くのにボタンを押さないといけないのに、毎回戸惑う。

山の格好をした人も少なく、通勤通学の人も少なく、のんびりとした車内でおこわを頬張る。ちらっと背中越しに、これから向かう稜線を眺める。

うっすらと雲がかる空、懐かしい穂高駅に着く。これから1時間、乗り合いバス待ち。SAで補給した水2Lを入れて、17㎏になったザックをバス停の横に置いて、ぼんやりしてると、ザックを背負った男性がタクシーに声をかけてた。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

北アルプス縦走①*2016.8.10

2016.08.10 21:00|長野県
朝の7時、最寄りの駅に向かうバスの中で、胸の動悸が収まらない。今はまだ会社に行くだけだというのに、こんな小心者が、よく7日間の縦走を計画したものだと思う。

2016年、山グループの北アルプス遠征プランは、新穂高温泉から2泊3日で黒部五郎岳を目指すもの。前泊と後泊も入れて5日間の日程。しかし私の休みが始まるのが3日早く、これに参加するのが難しいと分かったのが5月の終わり頃。

何処に行こうか考えていると、はたと気付く。今年は永年勤続○年で、有休2日を貰える、しかも連続取得をしなければいけない。というわけで、過去最長の大型連休を手に入れて、単独テント泊縦走からの山グループとの途中合流という計画を練り始める。

北アルプス歴は、昨年の5月に残雪の燕岳へ小屋泊で登ったのが初。2ヶ月後の7月に表銀座テント泊縦走を計画したけれど、台風の影響で上高地からの槍ヶ岳に変更、結果はヒュッテ大槍での撤退。

歩けなかった表銀座から、そのまま裏銀座に抜け、最後の秘境を目指す、6泊7日縦走がこれ。

新幹線で博多~新大阪、夜行バスで松本へ。
1日目、中房~燕岳~燕山荘
2日目、~大天井岳~槍ヶ岳~槍ヶ岳山荘
3日目、~双六岳~三俣蓮華岳~鷲羽岳~三俣山荘
4日目、~水晶岳~雲の平
5日目、~高天原温泉~三俣山荘
6日目、~黒部五郎岳~黒部五郎小屋(合流日)
7日目、~新穂高温泉
後泊で飛騨高山観光後、特急ワイドビューひだで高山~名古屋、新幹線で帰福。

天気がずっと良ければいいけれど、そんな事はないだろう。小屋はたくさんあるから、臨機応変に対応すればいい。気掛かりなのは、裏銀座が電波が繋がらないので、合流ができるかどうか。

予約や準備など、7月に割り込んだ南アルプスの計画&段取りと平行しながら、山にも登り、日々忙しかった。大変なのは、新大阪からの夜行バス予約。前回同様、今回も1週間前にようやく出た空席を押さえる。スケジュールが決まったので、計画書を作り、パッキングしたザックは出発前日に実家へ預けた。

会社では長期休みメールを送ると、気をつけての返信を貰ったり、フロアの女性からも「今回はどこに行くんですか?」と聞かれたりしながら、バタバタと定時で仕事を終える。

ザックを載せた父タクに、最寄りのJR駅へ送って貰う。水なしで15㎏になった65Lのザックにヘルメットも括りつけ、小さく隅に体を寄せて、伏し目がちに博多駅へと向かう。

新幹線で眠れないまま新大阪に着き、記憶を頼りにバスセンターを目指すが、結局駅員さんに聞いてたどり着く。

22時過ぎに夜行バスへ乗り込み、松本駅へと向かう。去年と同じ段取りを辿りながら、心は自然と落ち着いていた。

(怪我もなく無事に下山してますので、ご安心ください)

‐続く‐

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム