虚空蔵山*2017.11.26

2017.11.26 21:00|長崎県
虚空蔵山(コクウゾウサン) 608.5m


不動山登山口(56分)→虚空蔵山(46分)→不動山登山口


行動時間計 1時間42分



目が覚めると朝食時間の少し前だった。部屋食でのんびりと頂き、温泉にゆっくり入る。外を見ると曇り空、雨じゃないんだと驚く。天気予報を見ると、雨予報は曇りに変わっていた。曇りならここから近くて登りたい山はある。宿を出て地図を見ながら、一番近い不動山コースの登山口へ向かう。



国道から折れると茶畑の間を走るようになり、最後は車の幅ギリギリの生活道路を走る。アクセスまで調べなかったことを悔やみながら、切り返しをしないと曲がれないカーブを2か所通過すると駐車場に着いた。



2か所目のカーブは急坂で、切り返しをしていて段差にはまり、前にも後ろにも進めなくなる。「R」に入れてアクセルを踏んでも動けないが、よくよく外に出てみると、すぐ後ろは5メートル切れ落ちていた。あやうく下の茶畑に転落するところだった。心を落ち着けて、多少こすっても仕方ないと「D」に入れて思いっきりアクセルを踏むと、やっと抜け出せた程だった。



車は2台停まっていた、軽めの装備で静かな登山道を歩き始める。コンクリート舗装部分があったり、苔むした岩があったりするが、ルートははっきりしている。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

雲仙普賢岳*2017.5.21

2017.05.21 21:00|長崎県
雲仙普賢岳 1,359.m
国見岳 1,347.m
妙見岳 1,333.m

池ノ原園地(28分)→仁田峠(51分)→紅葉茶屋(36分)→霧氷沢(13分)→雲仙普賢岳(34分)→国見岳(19分)→妙見岳(45分)→仁田峠(36分)→池ノ原園地

行動時間計 4時間22分


漠然と思っていた山行だったが、九重で遠目に見えたその花の色合いに、やはり雲仙に行かないとと決める。九商フェリーを直前に電話予約して、九重から熊本港へ移動。熊本港に到着すると、出港時間が早い熊本フェリーにまだ間に合いますよと誘導された。船会社間で協力体制があるんだろうか、びっくり。出港15分前だったが誘導の方に渡された紙を事務所の窓口に渡して料金を払うだけ、出港から30分で島原半島に渡る。


久しぶりなので池ノ原園地の駐車場を下見して、雲仙温泉街の湯の里温泉共同浴場(200円)で立ち寄り湯をすませる。どうも池ノ原園地で車泊する気にならなかったので、小浜まで下りて足湯の公共駐車場を利用。夜ご飯は近くのリンガーハットで済ませた。


目覚ましをかけずに寝たら、ちょうど明るくなり始めた5時に起きる。体内時計を誉めて、コンビニで食料調達とトイレを済ませ、池ノ原園地へ向かう。車は5台ほど、準備をして6時頃に出発した。ここから仁田峠まではひたすら遊歩道や石段の上りが続く。


がらんとした仁田峠に着くと、ファンシーでポップな色とりどりのミヤマキリシマが満開。

続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

吾妻岳*2016.6.18

2016.06.18 22:00|長崎県
吾妻岳 869.9m

田代原(35分)→吾妻岳(35分)→田代原

行動時間計 1時間10分

田代原ビジターセンターで一息ついて、
吾妻岳の情報を聞いてみたら、
キツいだけだよと違う山を勧められた。

麓の人に愛されないなんて可哀想。
登ってみるとウツボグサが咲いていた。


崩落箇所が分からないまま山頂到着。
展望はない、でもいい名前だと思う。


少し先に進むと、吾妻観音がある。
九千部岳が望める展望スポット。


登頂のお礼と無事の下山を祈願する。
九千部岳山頂で話した女性とまたお会いする。


話してると先週末の九重坊がつるで、
私が見とれたタープを張っていた方だった。
タープの購入を迷っていたので、
色々と相談に乗ってもらう。

ピンクのヤマボウシが何とか撮れた、かな。
このカメラさんでは色々と限界を感じる。


田代原ではキャンプスペースで、
九千部から下山された方々が寛いでいた。


今日は行きたいところがあるのでご飯なし。
途中、睡魔に襲われて仮眠もしつつ、到着。

武雄市のcafe山閑人
プリプリ海老のジェノベーゼパスタ


パスタは前菜、主食はこれ。
ヨーグルトパフェ。


2年振りに食べたけどやっぱりとても美味しい。


独特の雰囲気の中でのんびり過ごして、
明るいうちに福岡へ帰った。

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

九千部岳*2016.6.18

2016.06.18 21:00|長崎県
九千部岳 1,062.4m

田代原(1時間37分)→九千部岳(1時間20分)→田代原

行動時間計 2時間57分


福岡から下道で2時間、
眠くなった頃、道の駅太良に着く。
先週に引き続き、金曜日の夜移動。

朝はゆっくり5:30に起きて、
静かな田代原から7時登り始め。


梅雨の中休みで良い天気。
前回と逆の反時計回り周回。


健脚コースらしいが快適な登山道。


山ツツジ


たくさん落ちてたネジキ。


岩の間をすり抜けると、
ヤマボウシの景色が広がる。


水平線が緩やかに空と海を分けて、
新緑の山に映えるヤマボウシ。


間に合って本当に良かった。


少し下って少し登って山頂へ。
影もくっきりと三角点タッチ。


奥の岩場で、来る方々とよもやま話。


淹れてきたアイスコーヒーと、
コンビニのレジ横で誘惑された、
懐かしのレモンケーキ。


鞍部のヤマボウシ群生が見事。
もう少し経つとまだ綺麗になると常連さん。


普賢岳の奥には雲海の絨毯。


シモツケもキラキラ輝いていた。


下山中に見えた田代原にもヤマボウシ。
去年は裏年、今年は当たり年だそう。


ミヤマキリシマもヤマボウシも、
今年は本当にとても綺麗だった。
自然の力は凄いなぁとしみじみ。



山アジサイに見送られて下山すると、
田代原は路駐の車で埋め尽くされていた。


--続く--

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム