至仏山*2016.5.6

2016.05.06 21:00|群馬県
至仏山 2,228.1m

鳩待峠(54分)→山ノ鼻(3時間11分)→至仏山(2時間41分)→鳩待峠

上り 4時間5分
下り 2時間41分
行動時間計 6時間46分

明るくなった鳩待峠。
冬装備を詰め込んだザックを背負って、登山届をぎゅうぎゅうとポストに押し込む。


尾瀬と言えば木道、雨が降ったら滑りそう。
山ノ鼻までは標高が下るので、さくさく歩く。


ショウジョウバカマを見つけてホッとする。
熊に会うかもしれないから、姉から貰った熊鈴をリンリン鳴らしながら進む。


目の前に水芭蕉が。


例年よりも3週間早く咲いているそう。
初めて見た水芭蕉の群生に足が止まる。


豊かな水面に映る美しい姿。


遥かな尾瀬、に来たんだと実感が湧く。


山ノ鼻ビジターセンターに到着。
テントを張っている方もたくさん。


至仏山荘のおじさまが、水芭蕉散策をしてから登ったらいいよと、ミニコースを教えて下さる。


山ノ鼻の水芭蕉もたくさん咲いている。
中には30㎝ものジャンボなものまで。
いつまでも見ていたいけど、私はここから登らないと。


名残惜しさを堪えて、ひたすら登る。
登山道には残雪がたっぷり、この景色が見たかった。


振り返ると、尾瀬が、燧ヶ岳が背中を押してくれるよう。


道標も雪に埋まってる。
雪は柔く、ピッケルは持ちつつも、キックステップをしながら、ノーアイゼンで登る。


山頂手前の木段には雪がない。
例年よりも雪が少ないので、山ノ鼻への下りは禁止。
本当はGW限定ルートでシリセードがしたかったんだけどなぁ。


風にあおられながら、無事に山頂へ。
三角点へタッチ。


山頂は10名ほどの方がいた。


尾瀬と燧ヶ岳方面。


遠くに見える越後三山。


うっすら見えるのが会津駒ヶ岳。


絶景を眺めながら山ご飯。
日光駅前の金谷ホテルベーカリー、チーズロード。
飛行機だと、ガスを持ち込めないから、コーヒーがなくて残念。


体も冷えるし、午後から天気が崩れる予報なので、下山を開始。
雪の斜面を延々とトラバースする、とても楽しい。


斜面へドロップインするバックカントリーのラインがいくつも流れている。
下りではアイゼンを装着。


かなり下った所で、至仏山を振り返る。
明日から初夏までは入山禁止になるそう。


鳩待峠に到着。
売店で水芭蕉や花の絵が描かれたカードを買う。
駐車場代、2500円を支払い、尾瀬を後にする。


雨が降るかなと思ったけど、結局降らなかった。
吹割の滝へ行ってみる。


ダイナミックな滝、東洋のナイアガラというのも大げさじゃなさそう。


その後、道の駅白沢まで行き、温泉とご飯を済ませる。
静かな道の駅で、昨日の分までぐっすり眠った。

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム