雲仙普賢岳*2017.5.21

2017.05.21 21:00|長崎県
雲仙普賢岳 1,359.m
国見岳 1,347.m
妙見岳 1,333.m

池ノ原園地(28分)→仁田峠(51分)→紅葉茶屋(36分)→霧氷沢(13分)→雲仙普賢岳(34分)→国見岳(19分)→妙見岳(45分)→仁田峠(36分)→池ノ原園地

行動時間計 4時間22分


漠然と思っていた山行だったが、九重で遠目に見えたその花の色合いに、やはり雲仙に行かないとと決める。九商フェリーを直前に電話予約して、九重から熊本港へ移動。熊本港に到着すると、出港時間が早い熊本フェリーにまだ間に合いますよと誘導された。船会社間で協力体制があるんだろうか、びっくり。出港15分前だったが誘導の方に渡された紙を事務所の窓口に渡して料金を払うだけ、出港から30分で島原半島に渡る。


久しぶりなので池ノ原園地の駐車場を下見して、雲仙温泉街の湯の里温泉共同浴場(200円)で立ち寄り湯をすませる。どうも池ノ原園地で車泊する気にならなかったので、小浜まで下りて足湯の公共駐車場を利用。夜ご飯は近くのリンガーハットで済ませた。


目覚ましをかけずに寝たら、ちょうど明るくなり始めた5時に起きる。体内時計を誉めて、コンビニで食料調達とトイレを済ませ、池ノ原園地へ向かう。車は5台ほど、準備をして6時頃に出発した。ここから仁田峠まではひたすら遊歩道や石段の上りが続く。


がらんとした仁田峠に着くと、ファンシーでポップな色とりどりのミヤマキリシマが満開。

続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

天狗ヶ城*2017.5.20

2017.05.20 21:00|大分県
天狗ヶ城 1,780.m

牧ノ戸峠(1時間38分)→久住分れ避難小屋(27分)→天狗ヶ城(11分)→池の小屋(2時間16分)→牧ノ戸峠

行動時間計 4時間32分


金曜日、会社を出て近くの温泉へ直行。スッキリしてからそのまま九重へ向かう。牧ノ戸峠に10時着、仮眠を取って、準備をして、2時に車を出ると満天の星。


先行大暇さん、後続ボッチさん、闇夜を感じさせないエキスパート達とミッドナイト山行。大暇さんとは野焼き以来になるので、山の話などを延々としながら歩く。闇夜の中でもミヤマキリシマのピンクが目に留まる。



天狗ヶ城で夜が明けるのを待つ。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

嘉穂アルプス*2017.5.14

2017.05.14 21:00|福岡県
古処山 859.5m
屏山 926.5m
馬見山 977.7m

遊人の杜(58分)→古処山(44分) →屏山(1時間24分)→馬見山(1時間55分)→馬見山キャンプ村

行動時間計(小休止含) 5時間1分



連休明けに仕事が忙しくなり、連日残業をしないといけなくなった。帰ったら10時とかで、日頃ほぼ定時上がりの私はもうぐったり。行きたい山も会いたい花もあって駄々を捏ねたものの、行くまでがどこも遠い。馬見山は山開きだよ、ぜんざいも振る舞われるよと餌をちらつかせられ、大人しくHRさんの企画に参加することにする。


どうせなら車は2台あるし、古処から縦走をしたいとわがままを言うと、数時間後にはバシッと縦走スケジュールが上がってきた。下山後にはとびきり魅惑的なご褒美まで組み込まれている。持つべきものは山友だなとつくづく感謝をして、土曜日は休養日にし、楽しみに日曜日を迎えた。


下山予定の馬見山キャンプ村に1人向かっていたが、集合時間にはまだ早くて馬見神社へ立ち寄ることに。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

大山*2017.5.6

2017.05.06 21:00|神奈川県
大山(オオヤマ) 1,252m


10:07阿夫利神社下社(2時間8分)→
12:15-13:10大山山頂(1時間42分)→
14:52-15:04見晴台(29分)→
15:33阿夫利神社下社

行動時間計 4時間19分(小休止含)



末っ子ちゃんを起こさないように、階下に降りたつもりだった。2日前の朝と同じように、たくさんのおにぎりを作る姉の手伝いをしていたら「kuuちゃんがいない」と一番に起きてきたのは末っ子ちゃんだった。


朝ご飯を食べさせて、着替えをさせて、ザックにはそれぞれおやつ袋を入れて。姉が3人分の用意をバタバタとする横で、先に家を出て駅へと向かう。


駅への途中で、自転車組のみんなに追い越され、駅でまた合流。いつのまにか地図を見ずに駅まで歩けるようになった。電車を乗り継いで、バスに少し揺られて、大山ケーブル駅へと続くこま参道についた。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

丹沢縦走④*2017.5.5

2017.05.05 22:00|神奈川県

鍋割山から塔ノ岳まで来た道を途中まで戻る。目の先には昨日歩いた蛭ヶ岳から丹沢山の稜線が広がる。端から端まで、よく歩いたものだ。



続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム