脊振山*2017.3.26

2017.03.26 21:00|福岡県
井原山の新村登山口から脊振山の椎原登山口まで、higetiasさん、mamatiasさんご夫妻の車で移動。エルちゃんは車内で時おりお膝の上に来てくれる、愛嬌満点で可愛らしい。ひやりとする空気の中、矢筈峠の矢印の方へ歩く。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

井原山*2017.3.26

2017.03.26 21:00|福岡県
「絶対、大丈夫」直太朗に何度もそう言われて、幸せな気分で家に帰った土曜日の夜。(ツアータイトル「絶対、大丈夫」森山直太朗15周年コンサートに行って、家に帰ったの意)。mamaさんから「山に行かないで、何してたの」と連絡がある、山をサボったのがバレてる、驚愕。そんなこんなで日曜日、higetiasさん、mamatiasさんご夫妻の花巡り山歩きにご一緒させて頂くことに。

荒島岳に登りながら思った事は、井原山の花の事。あの花もこの花も咲き始めている。脊振に行こうとされてたお二人が、井原山とのはしごを提案してくださる。時間もルートもお任せ、愛犬エルちゃんと一緒にお迎えにも来て頂いて、至れり尽くせりの1日が始まる。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

荒島岳*2017.3.19

2017.03.19 21:00|福井県
中荒島岳1,420m
荒島岳1,523m

勝原登山口(2時間14分)→シャクナゲ平(46分)→中荒島岳(16分)→荒島岳(46分)→シャクナゲ平(1時間41分)→勝原登山口

上り 3時間16分
下り 2時間27分
行動時間計 5時間43分

アラームが鳴る前に、隣の車の起き出す音で目が覚める。登山口のトイレは冬季閉鎖、ここでトイレを済ませる。一乗谷あさくら水の駅を5時に出発、チーズパンをかじりながら大野市に入ると路肩に小型トラック程の雪が積まれている。先週またどっさりと降ったらしい雪、山はどうなっているのか不安と期待が入り交じる。コンビニは2軒あったが、寄らずに通過。6時、勝原の駐車場には既に車が20台は停まっていた。隣の2人組に挨拶をして、準備をする。

去年の同じ頃に、初めて登った福井県の荒島岳。翌日は滋賀県の武奈ヶ岳へはしご、少しステップアップを目指した山行だった。駐車場から見上げると、下からずっと雪がある。去年はここに雪はなかった、何とも嬉しい景色。左にある電話はない電話ボックスの中に、登山届をいれる。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

道草*2017.3.18

2017.03.18 21:00|雑記
3連休は片道850㎞の北上遠征、山は中1日のみ。最短ルートなら山陰経由だが先週通ったから、あえて外して山陽経由にする。

のんびり夫婦さんが行かれていた鹿野で道草してみようかなと、花の咲く時間も考えて4時30分出発。

筑豊を抜けて小倉から下関まで高速に乗り、2号線を走り4時間ちょっとで着いた。車は美花だけ、9時でお花が起きているかなと橋を渡る。



*今日は山ではなく、移動日のお話です*

続きを読む >>

テーマ:今日の出来事
ジャンル:趣味・実用

伯耆大山*2017.3.12

2017.03.12 21:00|鳥取県
弥山 1710.6m

夏山登山口(1時間46分)→六合目避難小屋(1時間16分)→弥山(35分)→六合目避難小屋(北尾根経由:1時間27分)→夏山登山口

上り 3時間2分
下り 2時間2分
行動時間計 5時間4分

もともとは福寿草を見に行きたいねと、ふわっとした話をyumiさんとしていた。それが天気に転がされて、山も日にちも変わり、金曜日の朝に出した結論が日曜日の大山だった。土曜日のくじゅう坊がつるの野焼きは先に決めていたし、普通なら移動日に1日は充てるのに、どう見ても無謀なスケジュール。だけど天気は良さそうで、助手席にyumiさんがいるなら夜通しの運転も出来そうな気がした。見たい景色を見るために、やるしかないと腹を括る。

15時過ぎに九重を出て、yumiさんの住む街へ向かい、その途中で1時間だけ仮眠。仕事を終えたyumiさんを拾って、20時に関門海峡を渡り小郡インターで高速を降りる。美花のナビが終始おかしくて、宇部バイパスを4キロ逆戻り、慌てるyumiさんを「いつものことだから大丈夫ですよ」となだめる。

真っ暗な9号線をひた走り、花の話、山の話をしながらとにかく走り、米子のバイパスを走っているとyumiさんが右前方を指差し騒ぐ。目を離すと危ないのだけど、ちらっと黒に近い群青の闇夜に目を凝らすこと数回。遠くにうっすらと大きくて白い大山の山容が浮かんでいた。伯耆富士、その言葉そのもの。

どんどん大きく迫る真っ白な大山に歓声をあげながら、大山寺へと向かう大山環状道路に入り、2時45分に南光河原駐車場へと着いた。荷物を前席に積み替えて、二人並んで3時間仮眠。

6時に起きてすぐ、窓の外を覗いたyumiさんが「見えない」とつぶやく。そうか、ガスったか。あえて反応せずに「登りますよね!」と声をかけて、お湯を沸かしてコーンスープを2つ作り、パンと一緒に朝ごはん。山専にお湯も注いで、山の方は見ないように準備を済ませて7時過ぎに駐車場から歩き出した。


続きを読む >>

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

カウンター

RSSリンクの表示

検索フォーム